女の人

マッサージ師になるにも資格が必要|疲れた人の体を癒す

専門学校の選び方

マッサージ

マッサージ師の資格の中でも代表的なのがあん摩マッサージ指圧師です。これは、学べる学校が全国に限りがあり、費用も掛かるため大変ですが持ってると重宝します。また、学校には同時に鍼灸の資格も取れるところもあり、これは仕事の幅も増やせるため、自分がどのように働きたいのかをしっかり考えて学校選びをしましょう。

View Detail

養成学校に通って取得

マッサージ

マッサージ師になるには、「あんまマッサージ指圧師」という国家資格を取得しなければなりません。働きながらの取得を考える人も多く、夜間コースなどが設けられている養成学校もあります。養成学校の中には、オープンキャンパスなど、入学前に確認できるところもあるので、うまく利用すると良いでしょう。

View Detail

需要が増えてきている

仰向けになる女性

マッサージの資格は、国家資格から民間資格まで様々なものがあります。厳密にはマッサージというと国家資格のみをさすのですが、広義には民間のものも含みます。数ある資格のなかでもマッサージ関係のものが特に人気がある理由としては、需要の増加があげられます。現代人は忙しく疲れをため込んでおり、マッサージを必要とする人は年々増加傾向にあります。特に働く女性が増加することにより、女性からのニーズが高まってきているのです。ニッチな需要があるのも理由の一つです。必要とされる技術も多様化しており、営業形態も多様化しています。そのため、新規参入するお店でも、営業形態や時間帯、サービス対象を工夫すれば十分繁盛する可能性があるのです。手に職をつけられるという意味でも人気があります。マッサージは技術職なので、一度技術を覚えてしまえば後々までその技術をいかして働くことができます。技術を錆び付かせないようにすれば長く働ける点も魅力です。医療分野にも参入可能という可能性の大きさもビジネス的にはおいしいポイントです。近年話題のリンパドレナージュなどは美容、リラクゼーション目的だけでなく、医療目的としても利用され始めています。そのため、将来的には医療分野で活躍する可能性もあります。活躍する分野が増えればそれだけビジネスチャンスが広がるともいえるので、資格取得のメリットは非常に大きいといえます。家族や友人に施術してあげられるのも、滋味ですが意外に大きなポイントです。

整体の仕事に就く方法

タオル

マッサージの資格を取得するときには、独学で学ぶよりも通信講座やスクールに通って、取得した方が負担が少ないです。通信講座はマッサージの資格を取得するための費用が安いですし、スクールはゆとりを持ってマッサージの資格を取れます。

View Detail